電子媒体の管理|一つのワークフローシステムで在庫管理【円滑業務の基本】
コンサルタント

一つのワークフローシステムで在庫管理【円滑業務の基本】

電子媒体の管理

男の人

文書というものは何でしょうか。こう聞かれたら、たぶん机の脇に山と積まれた書類の束などを思い浮かべるのではないでしょうか。たしかに、紙媒体の書類というものは今でも多くの場面で用いられています。しかし、初期データが紙媒体で作成されることも多いし、管理もファイリングの束によってなされているケースもあります。

また同時に、コンピュータ技術の発達によって、電子メディアに文書を保存するという方法も見られるようになっています。ここでは、書庫を使うこととは別の文書管理が行なわれるようになっています。つまり、電子文書の管理です。機密文書の管理についても、このタイプの管理に含めることが出来ます。たとえば、「パスワードを設定し、そのワードを一部の人間だけが知っている」というのは代表的なパターンではないでしょうか。このように電子メディアの文書管理をコンピュータの中で行なうための文書管理ソフトも、さまざまなモノが開発され、普及しています。ワークフローシステムもその内の一つとなります。

企業が順風満帆な経営を目指す上で行う業務の一連の意味を指すワークフローは、近年のIT技術の進化によってシステムを用い、円滑な作業を実現できるようになりました。企業によって必要となる機能は異なるので、ワークフローシステム導入を行う専門業者では、導入以来をする企業と打ち合わせを重ねて、自社オリジナルのワークフローシステムに作り上げていきます。